HOME > 数学スナップ撮影隊 > サイコロ

数学スナップ撮影隊 身のまわりにある「数学的な写真」をご紹介!

第5回 サイコロ

川村 大輔さん
「サイコロってとても数学的ですよね」

サイコロ

ティッカ:
たくさんのサイコロをお持ちなんですね! たしかにサイコロは数学的ですよね。
マテマ:
うん。数学の問題で使われることからもわかるように、まさに確率を目に見えるかたちにした道具だよね。
ティッカ:
私は、六面体のサイコロの「向かい合った面の和が必ず7になる」という特長に興味をそそられますね!
マテマ:
確かにおもしろいね。サイコロも六面体だけじゃなく、写真のようにさまざまなかたちのものがある。立体としてもとても魅力のあるかたちをしているね。
ティッカ:
そういえば「世界最速のサイコロ」というものもありますね。
マテマ:
(株)入曽精密が作ったサイコロだね。立方体を6つの四角錘に分割して考え、底面に彫られた6つの目の形状を調整して、それぞれの四角錘の重量が均等になるように削って作ったチタンのサイコロだ。
ティッカ:
設計理論上、中心から各底面までの距離の一致度は99.99999999%で、重心が限りなく真ん中に近いらしいですよ。空気抵抗まで考慮している究極のサイコロですね!
マテマ:
サイコロへの探求心はとどまるところを知らないなぁ。サイコロの魅力を考えさせてくれる写真をありがとうございました!