HOME > コンシェルジュの部屋 > 時間割をつくろう(2016年1月20日の問題解答)

コンシェルジュの部屋 Dr.マテマと助手ティッカが数学問題に挑む!

第111回 時間割をつくろう(2016年1月20日の問題解答)

数学検定・算数検定ファンサイトのFacebookページに投稿された問題の解答をご紹介します!

問題のおさらい

モモエさん

解答

モモエさん:
まずは(1)から考えていきましょう。問題文の条件を整理すると、算数は1時間ずつ4日、国語は4時間、理科は2時間まとめて2日勉強するということがわかりますね。
ティッカ:
ということは、3教科とも4時間勉強することになるね。
モモエさん:
一方で社会は、1日に1時間ずつ3日勉強するようですね。つまり、3時間勉強することになります。
ティッカ:
なるほど! 1週間の勉強時間がいちばん少ないのは、社会ということだね!
答え
(1)社会
モモエさん:

次は(2)です。ここでは条件を考えながら表に教科を当てはめて解いていくと理解しやすいわよ。まず、算数と社会は勉強する日が決まっているから、このようになるわね。

第111回 時間割をつくろう(2016年1月20日の問題解答)

ティッカ:
理科を2時間まとめて勉強するとなると、火曜日と木曜日ということがわかるね。
モモエさん:
火曜日の理科は、9時から11時、または10時から12時ということですね。
ティッカ:
とすると、国語は残った時間に勉強することになるから、下の表のようになるね。
答え  (2)
第111回 時間割をつくろう(2016年1月20日の問題解答)
モモエさん:
火曜日は国語・理科・理科、または理科・理科・国語の2通りということね。
ティッカ:
本当に自分が時間割を作る気持ちで考えると、答えにたどり着きやすいかもしれないね!

ティッカ